雲の湧き上がるように。


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
無限である、ということについて
雨上がりの街は
一言で言えば、うつくしい。

前日まで降っていた雨の中
水しぶきで煙っていた景色から
ベールが取り去られて、鮮明な印象。
とはいえ、快晴のあの光の騒がしさもない。
そうなると、その景色が光学的な存在であるより先に
確かに何かあるのだと見える。


写真に撮りたい景色は多かったけど、
今日はそれはやめて、しっかり
目に留めて憶える。


お金がなさすぎるので
日銭稼ぎに、路上で売る写真は
もう十分あるし。

いつもと同じ道を
反対側の歩道から歩く。
近すぎて見えなかったものが見える。
汚れ、傾き、二階の雑然とした窓際。
そういったものはある定型的なイメージからのズレを伴いながら
また、そういうズレの定型的なイメージに落とし込まれる。
そこには時間があり、生きている人がいるのだというイメージ。

人間はどうしても
生きていることを確認することからはじめなければならない。
この時間だけでなく、あの時間のことも考える生き物だから、
この時間に生きていることを確認しなければ
どうして、あの時間でなくこの時間に働きかけなければいけないか分からない。
別にそれは定型的なイメージでもかまわないだろう。
もちろん、生きているというイメージは
定型的なまま保たれることなどないだろう。
それでも何十年か持てばいい。
崩れたら造ればいい。

choriの詩集を出すにあたって
編集の姫野さんと打ち合わせることが何度かある。
そこでどういう流れの言葉だったか忘れたけれど
「私は無限なんだって、分かったの」と言ってた。

この時間の中に生きる存在という存在は
すべて無限だろうと思う。
それは埋没して、個体でありながら全体につながっており、
その全体に果てはない。
だから、姫野さんは「私」と、限定をつけたけれど
僕はそう思わなくって、僕らはみんな無限なんだ。

ただ、こういう言葉を言えてしまうような存在で、
つまり、無限の外側にいたりする。
その度ごとに入り直すことができる。
それが生きていることを確認することのような気がする。

(レヴィナスの『全体性と無限』はまだ読んでないけれど
無限に外側があるのもおかしな話で、だからこれは
偽の無限であって、レヴィナスが批判する全体性なのかもしれない
それはまた、後で検討しようか)

と、括弧書きでくくった癖に
とはいえ、ここで「生きていることの確認」と
「生きる」ということの違いがそこに相関している気もする。
つまるところ、酔っぱらいがホームから転落しそうな時に
「危ない!」と叫ぶことと、それを拾いあげることの差のような。
それは両立するし、どちらかだけですますこともできる。

ただ、この例えは少し、「生きる」ことの
無数の分岐を無視しすぎているかもしれない。
なぜなら、「危ない!」と叫んで何もできなかったとしても
いや、何も言えず立ちすくんだとしても
そのように生きたには違いない。

全体にのめり込むことと無限であることは
やはり別物で、だからホームに酔っぱらいが落ちる瞬間に
助けるような全体性へと自分を編成するか否かという問題がある
以前から、僕らは無限であるほかない。
というより、その無限は世界が無限であることの確認であって
むしろ、ある全体性への没入から引き離す。
ある固まりから、硬直から引き離す。

その無限を認識したうえで、それでもなお
生きていることを確認し編成していかなくてはならない。

僕は車道を横切る。
信号のない道で、車も向こう50mは
途切れていないけれど、速度を落としてくれる車に感謝しながら渡る。

あまりにお金もないので
そろそろ、日銭稼ぎでもするか。
7日に写真の現像が間に合えば、
その日の昼ぐらいに出町柳あたりででも露天商をしようかと思う。

| 遊歩者のまなざし | comments(0) | trackbacks(0) |
妄想列車2
とある電車で見かけた人。

スネ夫の髪型みたく
前方に平たく張り出してる髪の毛は
もちろんリーゼントではなく、
なんかそういう直毛なんでしょう。
あるいは、カッパという生きものは
皿ではなくて、皿のような髪の毛なのかもしれないので
たぶん、彼はカッパです。

そのカッパは
暖かそうなダウンジャケットを着込んでいて
ショッキングピンクがさっと
グレーの中にラインを引いてあり、
だいぶおめかししてます。
たぶん、カッパの中でも裕福な生まれなのでしょう。

人が色々な目的で電車に乗るように
カッパが電車に乗る目的というのも色々あります。
移動はもちろんのこと、
人間社会の観察であり、
人間社会の征服であり、
あるいはまた、カッパのメスに飽きて
人間のメスを探しに来たのかもしれません。
カッパ社会でもおそらく電車男はヒットしてるでしょうから。

でも、彼のスニーカーのくたびれ具合を見ると
川からあがってだいぶ経つようにも見えるし
あるいは、電車を経由して川に行き、
その度にスニーカーをぐしゃぐしゃにしてしまっているのかもしれません。
いずれにせよ、彼がスニーカーを愛用しているのは間違いなさそうです。

陸を歩くには都合がいいでしょうし、
裕福でないカッパたちの羨望を浴びることもできるでしょう。
あるいはまた、はきつぶしたスニーカーの匂いが
気に入っているのかもしれません。

しかしなんにせよ、
そういった振る舞いを長老たちが快く思うはずもないので
裕福で、社会的によい生まれのカッパであるにせよ、
あまり川には帰りたくないはずです。

川に帰る時には
錦を飾って帰ろうと心に決めているはずです。
だから、彼はこの電車で仕事場に向かうのです。

長老たちに止められながらも
泳いでいった海との境界線で見た色々の魚を捌いて
今日も彼は寿司を握るのです。

現在チェーン店も順調に増えています。
ほとんど成功と言ってもいいにもかかわらず
彼は仕事場で魚を捌き続けます。
帰ることを忘れたわけではないのです。
ただ、そこにほかのカッパたちがやって来ないことが気にかかってしまうのです。
自分が忘れ去られてしまったのではないかという恐れが
彼をひたすらに仕事場に立たせます。

そして、川べりの家と仕事場のあいだの
電車の中でぺたぺたと乾きはじめた髪の毛をさわりながら
通勤するのです。

| 遊歩者のまなざし | comments(1) | trackbacks(0) |
妄想列車1
とある電車で見かけた人。

レイヤードでナチュラルメイクのおそらく女子高生。
名前は多分、田中美沙。知らんけど。

ナチュラルメイクって僕の中では
ボブとかショートな感じがするんだけど、
そうでなくって、ちょっと長めで先を少しスキばさみで
カットした感じで、明るめのブラウンを
メッシュでいれた感じがややすれた感じがして
ナチュラルメイクの目指す純朴さとかち合ってちょっと面白い。

首にぶわっとまいたマフラーは
バーバリーを意識したダイエーにもありそうな
グレーのチェック柄で、スカートも似たようなチェック柄の
学芸員さんがつけてそうなあったかそうな厚みのあるもの。
マフラーはともかく、スカートのその感じは
ナチュラルメイクっぽくもないし、ええ、違和感。

田中さんはたぶん、学校では
吉田加奈とかに恋愛相談されたら
話のいかんにかかわらず、焚き付ける。
徹底的に焚き付ける。

「今の気持ちに素直にならなきゃ駄目だって」

彼女のファッションもそんな感じ。
でも、その鋭い目線は、そういうことは違うことを訴えてる。

この「田中」というありきたりな名字と
ありきたりな家庭があんまり好きになれなくって
それで違うものを探してるんだ。

だから、自分のことよりも
他人のコイバナが好きなのはそのせい。
自分と違う人の話が聴きたくてしょうがないんだ。
うまくいこうがいくまいが、焚き付けたあとの
その動きだした物語を聴くのが好きなんだ。

だから、田中さんは
駅の向こうで待ってる松田君の気持ちなんか気づいちゃいない。
まぁ、それでも物語は動くんだけどね。

| 遊歩者のまなざし | comments(1) | trackbacks(0) |
差異の点描画
僕は小さな頃からの夢がふたつある。
世界中を見てまわりたいということと
インテリになりたいということ。

後者は勝手に言い張ればいいこととして
前者は実際に動かないことにはなしえない。
けれども、最近、「外国に旅行とか、どう?」なんて振られたら
「いや、別に」と答えることにしている。

というのも、国内をちゃんと見てないからで
もっと言えば、僕はまだ身の回りのものさえ
きちんと見ているというようには思えていない。

むろん、今さわっているのが
白いibookだということが分かるし
今すってるタバコがラッキーストライクってのは分かるが
それが、このパソコンのすべての意味でないことは明らかだし
このタバコのすべてのあらわれでないことも明らかだろうと思う。

いや、すべて、などというのは
もはや青臭い口ぶりであることも知っている。
だけれど、僕はどうしても
少ない差異の中からもっと多くのものが取り出せないだろうかと
そういうことを考える。

明らかに違うものから、
その差異について直接に学び、また
自分の持っている共通点を力強くするということもそれはできる。
それはエッジのきいたハイライトを強調する画像に
あるような啓示のイメージだ。

僕はいまさら、かつての印象派的な点描を
イメージしているのかもしれない。
ぽつぽつと単一色でも塗りつぶせるそこを
微妙な差異を散りばめて、
それらが共鳴する様をみたい。
そう思うと外国に行くよりも
ずっと、まず日本を見ていたいと思う。

| 遊歩者のまなざし | comments(2) | trackbacks(0) |
あまりに空虚な、しかし、空間とはそういうものだった。
まず近況から。

NTTのアナログプラスで
電話回線を引きました。
075-933-8150

どーせ、あまり使わんだろうから
ケータイだけプライベートにして
こっちの電話番号はさらしちゃいます。

あまり自宅にいないので
まぁ、暇で暇でっていう人がかけたらいいです。

で、それとともに
ヤフーの封筒が届いて、
それによるとモデムが届くのは
あと、2,3日のことらしい。
それからは、脱兎のごとく
現実逃避をしに書き込みまくるに違いないです。

覚悟しとけ(誰に言ってる)

***

フェスティバルゲートのココルームというところに
用事があって行った。

すでに、日は落ちていたが
それは冬のこと、夏ならまだ日が出ている時間帯だ。

しかし、フェスティバルゲートは
シャッターが降りまくっていて、
生きながら廃墟になったようである。

あまりにも人気がなく
意味もなく笑いそうになる。
ほんとうに意味はないのだが
気圧の低いところに、気圧の高いものがぶつかる
爆発のようなそういう突発的な笑いだ。

ココルームに入ると
これまたがらんとしている。
一応ステージもあるし、
ステージの大きさにしては控えめなクリスマスツリーもあるが
特に今日はステージの催しではなく、
「人生相談」なるものだったのでいっそう引き立つ。

「人生相談」の後に、
これからするイベントの協賛を依頼するというのが
僕の目的だったが、しばらく人生相談が始まるまで
ステージを見ながら、空想を膨らましてた。
(こういう何もない舞台を見ると
どのような劇が似合うか考えてしまうのが癖なのだ)

広くはないが正方形に近い箱、
奥行きがあり、一人芝居にはもったいない、
二人芝居くらいがちょうどいいだろう。

おあつらえむきに上手にはピアノがある。
作曲家をこころざす青年と
その恋人でどうだろう。

彼は曲を作ろうとするが
彼女に邪魔されてしまう。
なんやかやと話しかけるのだ。

彼はしまいには怒りだし
黙らせようとする。
しかし、彼女が黙ったのちも
彼は作れない。

何かを生み出す時に
必要な落差が、彼女の存在によって
埋め合わされてしまっているからだ。
彼は充足してしまって、
曲を作ることはできないのに
その不可能性が彼を駆り立てる。

彼女は、一方で
彼が充足していることに気づいていても
彼女自身は、二人の個別者としての溝が
埋め合わされることなどないことを理解している。
だから、いつでもしゃべりかけていた。

彼もほんとうは充足なんかできるはずないのに
それでもその不可能性に目をつぶっているうちは
曲を作れない、という結果が延々とあらわれるだけ。

さて、どうなるだろう。
と、エンディングは考えつかなかった。

でも、今考えると彼が曲を作る必要はないだろう。
彼女が作ってしまうだろうから。
そんなことより、彼らは早く部屋を出るべきだ。
この空虚な部屋から出て、
関係ない人がピアノを弾けばいい。
二人でいるうちにこの問題は解かれないし。

誰の話でもない、
誰の話でもあること。

からっぽのステージをみながら
そんなことを思った。
ただただ、空虚さに祝福をしたいと思った。

| 遊歩者のまなざし | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1 |