雲の湧き上がるように。


<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
都市の随想
こんにちわ。
15連勤中のテツです。
はい、ちょっと頭が痛いです。
風邪気味なのは、でも大学の時も
すでに毎月風邪気味だったのであまり気にならないのであります。

いや、ちょっと気になるか。

それよりネット断ちはきついな。
うーむ。

関係ないけど近い将来準備が整えば
都市をめぐって都市論を書きたいと思う。
下はそのメモ。

***

ずっと書きたかったんだが
京都の京極通りだったかに
定食屋があって、そこは
メニューが店の外までところ狭しと張られている。

これを見た印象は内臓が外に飛び出しているような
胸糞の悪い、嘔吐感で、事実、
メニューなんてのは店の中にあるべきものだから
内臓は飛び出し、吐瀉物が外に張り付いたようなものだ。

けれども都市というものを考えるに
都市生活者は多かれ少なかれ
都市に生活機能を依存しているわけで、
カフェが私のリビングであり、
カラオケボックスが私の音楽室だったりして
つまり、もともと内臓ばかりが集まっている。

都市は最初、故郷にこころを残した肉体が
外側の生産とコミュニケーションをする場所として
現れていたとは思うが、もはやすでに
こころなどというのは、個室の中に
あるいはコインロッカーにでも放り込んで
それで内臓の中で遊ぶようにできているのだとふと思う。

むしろ、ここで問題になるのは
外側の消失であって
僕らは皮膚というのを失いつつあるか
自分の尻尾を飲み込む蛇のような
あり方で都市に生きてるのではないかなどと思う。

皮膚を失った後にあるのは
存在の空虚さであり
血の詰まった皮袋でさえなくなるのなら
個人は消失するほかないだろう。
そうして群集はあらわれる。

けれど、僕らはいまだ自覚的に人間であり続けることを考えると
その都市構造に逆らいながら外側を生産する機構は
また別に存在しているのだろうとも思える。
それについてはまたゆっくり考えよう。

| 思い付き | comments(0) | trackbacks(0) |
箴言
目標を分割しなければ
何ごともできないだろう。

しかし、分割したことを忘れ
遠くの目標を忘れたなら
また分割するか何もできないかのいずれかである。

| 思い付き | comments(0) | trackbacks(0) |
愛ある犯罪
ひとんちの掲示板で
「愛に犯罪はない」だの
「現実世界で愛は犯罪」だの見てふと思う。

愛以外に犯罪などありえないのではないか、
それ以外に被害の起こることがあれば
それは偶発的な事故か、「異常」であったかだ。

異常でないのならば、
愛なしに犯罪など起こせない。

愛は和解と断絶の極限の狭間にある。

| 思い付き | comments(0) | trackbacks(0) |
チューハイ夢想
仕事のあとにお酒を飲むのは
どうしても気持ちをほぐすために
必要になってしまっている。

コンビニに行ったら
世界三大美果のお酒と銘打たれたシリーズがあった。
マンゴーが王様でマンゴスチンが女王らしい。
あとひとつは覚えてない。
マンゴーを選ぼうかと思ったけど
女王のほうがいいかと思ってマンゴスチンにする。
すっきりほどよい甘さでおいしい。

パッケージを見るとピンクで
女と言えばピンクなのだなぁと思う。
あるいは赤か。
口紅も赤が主流であるし
女は赤くあるべしというような
何かあるのだろうか。

三文官能小説なら
「赤い唇は充血した陰唇を思わせる」
とかなんとか言うだろう。
別にそうは思わないが、
女の胸はお尻に代わる
セックスアピールを二足歩行時に
よく見えるようにするために
発達したとかいう説もあるので
そういうこともあるのかもしれない。

ただ、男は女の色を気にしている
というようには思える気がして
女は男の何を気にしているかと考えると
色であるよりも形であるような気がする。

女のほうが男にたいして
現実的なものを求める傾向があるとすれば
形という実質的なものは
その傾向に即しているように思える。

男が女の色を気にするということは
あまり現実的でないということも言えるが
それより色というものが
環境によって見え方も違うし
他の色との取り合わせでよく見えも
悪く見えもすることを思い浮かべるほうが面白いかもしれない。
それというのも
浮気性の男というステレオタイプを
彷佛させるからである。

| 思い付き | - | - |
食べ残し
この間1人で
ちょっとした田舎的にこじゃれた居酒屋に行った。

それなりに美味しかったのだが
どうして、夏で食が細くなっていたようで
食べきれなかった。

まったく勿体無い。

唐揚げも生春巻きも
包んでもらったのだが
なんだか不覚だという気分である。

残したものを見ると
食べられるべきものを残したのだという感じがするが
それは食べてしまった部分を覚えているからだろう。

そういうものを知らずに
残ったものだけを見れば
何か不調和を覚えるだろうし
それはむしろ復元されるべきものとして
あらわれるかもしれない。

世の中には色々な空隙がある。
あの風景とこの風景のあいだ。
不均衡な人人。

そういうところどこで
僕は侵食されゆく空白を見るのか
未完の輪郭を見るのか。
どちらがより楽しいのかと言えば
おそらく未完の輪郭だが
それはどこか逆行しようとする欲望なのかもしれないと
食べ残しを見て思う。

| 思い付き | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1 |