雲の湧き上がるように。


<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
自殺者連続3万人連続7年超える
ということがニュースになっていた。
相変わらず「ネット」がキーになっていた。

たしかに、増加しているのはネットがらみの自殺だろうが
いまだ3万人のうちの55人だ。
そんなことを言うよりは、不況の陰がいまだに
続いていることのあらわれだと考えるほうがなんぼかマシである。

しかも、仮にネットがらみの自殺が半数を超えたところで
僕はネットを規制すべきだとは思わない。
その場合、ネットがあるから自殺に走ったのではなくて、
自殺に走るほど孤独に追い込まれた人間に残されたのはネットだけだった、
というだけの話だからだ。
ネットがない時代なら単に引きこもっていたかもしれないし
クスリ漬けになったり、乱交を繰り返したりしたかもしれない。
でも、それは結局のところ、彼らに残された最後のものだったのだ。

文脈は異なるが、ネットがどういうポジションにあるのかを
教えてくれた文を紹介する。
代々木公園に「リトルテヘラン」ができた経緯を描いた社会学モノグラフから。


公園のようなパブリック・スペースを「たまり場」とせざるを得ない状況とは、ネットワークの豊かさを意味するのではない。それはあくまでも、自前のネットワークを創出するための関係的基盤の弱さを意味していた

町村敬志,1999「グローバル化と都市」『講座社会学 ーー都市』東京大学出版会、p.199

このような指摘はかなり広範に応用が可能だろう。
敷居の低い、パブリックスペースにたまる「しかない」人々は基本的に
人的ネットワークに関して貧弱である。
というか、人的ネットワークに関して貧弱な人は
パブリックスペースしか助けがない、ということだ。
社会的に通りのよくない名前も不問になる場所がパブリックスペースであり、
公園もネットも基本的には同じである。

それが、孤独な人同士を共振させる場になったとしても
そこを規制するのは、原因を規制したのではなくて
結果を規制しただけなので、つまるところ問題は潜在化するだけだし
問題が社会問題になることを遅らせるだけである。
個人的な問題が社会問題になることは、
それを背負わされる社会にとっては厄介かもしれないが
当事者にとっては、そうやって社会に返すしか方法がなかったはずだ。
あるいはそうやって新たに社会を作るか。

なんにせよ、パブリックスペースを規制することは
社会の硬直性を高めるだけで、ほとんど何も寄与しない。
パブリックスペースに起きていることは、そのスペースが
何か影響を及ぼしているのではなくて、社会全体の背景が
そこの結果を出しているだけである。

ふと思うんだが
逆にパブリックでなければ、問題がないというのだろうか。
終末医療で安楽死をささやく遺族になろうとする家族達は
規制されなくていいんだろうか。
されなくていいかもしれないなら、ネットも同じ程度に規制されなくてもいいし
されるべきなら、ネットもまた同じことではないかと思う。

| 時事くさい。 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |
ぼくは知らないんだけど、もし、「自殺防止のためにネットを規制しなくてはいけない」という論調が流行っているとしたら、
それは決して有識者が勘違いしているわけではなくて、
<ネットなんかしたことなーい2chってやばいんじゃないの?>
っていう人達がわーわー騒いで、いろんな「管理者」が責任を取らされそうになるから、
例えばネットを規制して<私たちは自殺志願者を野放しにはしませんでしたよ>ということにしたいだけなんだとおもう。

なお名前がわからなかったら、just spell my name backward!
| あくび。 | 2005/06/04 5:00 AM |
ストーカーに追われて大変なのね(苦笑

それはともかく、
僕も規制の話は初めて読んだんですけど、
6/2の中日新聞の夕刊に
長谷川博一なる臨床心理学者が規制もやむをえないと書いてる。
(ちなみに調べたところによると彼は近所の子どもの人気者らしい)

全然規制の具体的な内容には触れてないけれども
メディア法やら、色んな法律で、色んな角度で規制は
目指されているから、何を、ということもなくても規制したそうだ。

(いったい、政府は何を恐れているんだろう。考え過ぎか?)

まぁ、「管理者」の限界責任を決めるにも便利そうだけれど。
それにしても何を「管理」してんだ?
生殺与奪権が「管理」されてんのか?
どうせたいしたものは「管理」してないって
言い切ってしまったほうが得策だと思うけどなぁ。
実際そうなんだから。
| テツ | 2005/06/04 4:04 PM |









http://mizutetsu.jugem.cc/trackback/141