雲の湧き上がるように。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
存在する炎は消える。暗がりに見える残像は目を閉じても。
ろうそくに火がついています。

横から手を近づけても
熱くはありません。
上から近づけようとすると
離れていても熱を感じます。

火は距離よりもベクトルが問題になるのです。

さらに、傾けても火は
地面にたいしてほぼ垂直に動きます。
空気の対流に従って火は上にのびるのです。
それは直接に重力の原理に反するのではなくて
対流の原理によって上にのびるのです。

二つの原理がある時、それはたいていねじれています。
正反対の原理であるならば、たいていそれらは同じ原理です。

ねじれた原理は互いに直接影響を与えることはできません。
でも、息を吹きかければ、揺らぎます。
これが存在するということで、
存在するということはほかの存在するものによって影響を受けるということです。
もう少し詳しく言うと、接触する可能性があるということ、
互いの境界が触れるかまじわるかする可能性があるということです。

***
 平行するもうひとつの話


見えないということと
理解できないということは違います。
見えなくても理解できるし
理解できなくても見えます。

見えないことと
何もないことも違います。
見えなくても何かある時があります。
けれどもこの場合、何もない時には見えないのでしょう。
一方で、見えたものはおそらく「ある」ので
「ある」ことは見えても見えなくてもまったく関係ない、
そして「見えない」ことはあるかないかに関係ない、ということです。
互いに関係するのは「ない」ことと「見える」ことです。

「見えれば」あるし
「なければ」見えない。

ねじれ、見えますか。
ということは、ねじれがあるんです。

あるといっても見えることの証拠にはならず、
見えないからといってないことの証拠にはならない。

ある、と、ない、の話をもう少しすると
ない、というのは単なる空虚であるよりも
ある、の抜け殻である、ということです。

それまであったタバコ屋が取り壊されて
空き地になったとしても、ない、と強く思う人は
タバコ屋を知る人でしかありません。
ぼんやり「ない」と思う人はつまるところ
街並に急に出来た穴を見て、街並が「ない」と思うのであり、
それすら感じない場合は空き地が「ある」のです。

この時、見えないことは非常に弱いです。
というより、何も見えないということは、目が開いている限りありえず、
つまるところ、われわれはすべて「見える」という地平のうえで
ある、と、ない、を期待に基づいて区分けしています。

ただ、何も見えないのがありえないなら
見えないというのは何を指すのかと言えば
はなから「ない」に接続した用法であるといえるでしょう。
「不在」の感想、あるいは主観的表現として「見えない」があるのであって
外界からの刺激によって「見えない」と言うのではないのです。

別の言い方をすれば「不在」は究極的に確かめられていないのです。
そして、「不在」は消えることすら許されず、
すべての存在が消える日まで亡霊のようにさまようことになります。

***

そして、ホワイトバンドの話をします。

あれはもちろん、ファッションとしてすでにずいぶん流通しています。
主張が可視化され、存在として流通しているのです。
単に文字によって主張が存在するよりも
「見える」ようになることでとても強く生き延びる可能性を持っています。

同じようなものとしては
「赤い羽根」なんかがあるといってもいいかもしれません。
でも、ホワイトバンドのほうがよく「見え」ます。

赤い羽根の募金の回収額は赤い羽根が22億ほど、(H16年度)
ホワイトバンドは3ヶ月で200万本突破なので
年間で800万本いくなら24億になります。
(改めて計算するとすごいなぁ)

この強さはやっぱり、つけやすくて
かつ、シンボルとしてわかりやすい、という可視性の強さでしょう。

たぶん、なんでもファッションになってしまうと
それらが形骸化したり、忘却されたりすることを恐れる人がいます。
その心配は一部はあたりで、でもおおむね間違っていると言っていいはずです。

つまり、一度「見える」ようになって存在を主張しはじめた思想は
それがまた、見えなくなっても不在を証し立てることにはなりません。
可視化された思想はいつでも亡霊のように立ち上がる足場を得たわけです。
(ネガティブな用語になってしまうけど、僕は用語にたいして平等なので)

また、形骸化するというのはたいした問題ではありません。
ある意味で形骸化するのはどんな形態であっても
運動が組織化されるなかでどこかしら形骸化につながるものがあるのです。
(組織が組織の為に動くようになるので)
そういう意味でなくとも、ホワイトバンドのポイントは可視化ですから
それが有効に「機能する」というのは、有効に貧困国を救うことではなく、
貧困と関連するホワイトバンドが「見える」ことです。
それによって貧困問題が人の会話にのぼることが最大の機能であって
ホワイトバンド買ってその足で売春ツアーに行こうがなんだろうが
ホワイトバンドは有効に機能しています。

実際にこんなことする人はシンボルを理解できないのでしょうが、
その場合であっても、有形無形のプレッシャーがかかるようになるでしょうし。
(なんか浮気防止の指輪みたいだ)
だから、どれほど形骸化しても、ホワイトバンドの機能はなくならないのです。
存在し続けるかぎり。
別の言い方をすれば、組織は組織として自律的に再生産を行ないますが
「ホワイトバンド」という概念も自律的に再生産されるようになるのです。

概念が可視化されていなければ再生産された概念が
複雑な分節を繰り返し曖昧になると生き残る力を失います。
けれども、この場合、概念が可視化されているので、オリジナルの概念から
どれだけずれてもこの概念は生き続けます。

このズレの可能性はそのままリスクではあります。
けれども、存在することはそのまま力になります。
どのように動くかは、最終的なところは分かりません。
ただし、今ある流れがよくないと思うなら、やはり力が必要なのです。

***

僕は静観するというか、
どれだけホワイトバンドしないことに圧力がかかるか試してみたいのでしません。
でも、この手の表象はほんとにコントロールできるんかなぁ。
まぁ、今のところうまくやってるけど。

| コミュニケーション | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |
らっかせいは、ネットで強く亡霊などしれません
タバコと、距離を分節しなかったの?


| BlogPetのらっかせい | 2005/10/09 1:47 PM |
空虚とかをコントロールしなかった。


| BlogPetのらっかせい | 2005/10/16 2:12 PM |
らっかせいが、ネットで最大とかするもの
赤いなかと、やすくて究極を募金しなかったの?


| BlogPetのらっかせい | 2005/10/24 6:27 PM |









http://mizutetsu.jugem.cc/trackback/155