雲の湧き上がるように。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
choriマネージャーの一日。
昨日の夜は童司君とchoriと僕で飲んでて
遅い誕生日祝いとか。

実は、童司君とはちゃんとした状態で飲んだのがなかったので
きちんと、見ておきたいと思って。
特に今後choriと組んでやることが多くなるだろうから。
まぁ、別にそんなに心配して聞いてたわけではないが。
ただ、こういうことはなんにせよ初めに聞いておくに限る。

午前二時くらいで、
僕があまりに眠くなったので帰る。
何故かchoriも一緒だ。
僕はすぐ寝て、choriは僕のパソコンでネットしてた。

10時すぎ、僕は起きて
ロフトから下をのぞくと
choriはうまいこと下を整理して寝ていた。
あんさん、慣れ過ぎや。

11時頃にchoriを起こすまで
僕は新聞を読んだり、今日することを考えてた。

12時choriは出て行き
僕は部屋に残ってKSWSの缶バッチを受け取る。
ダフ君の作ったロゴに
一応、僕が最終的な調整をして作ったもので
明後日のKSWSにて販売する予定。悪くない。
っていうか、ちょっと嬉しくって帽子につけてみた。

13時頃、今日ライブのあるVOXホールに
リハの入り時間を問い合わせる。3時半ねぇ。
洗濯物とか洗い物とか山ほどあるんだけど。
(ちなみに、洗い物の大半はchoriが
勝手に作ってた夜食の犠牲者たちである)

ある程度片付けてから
choriにもらった詩集に載せる詩のリストを印刷する。
そろそろ田中さんにも連絡とらんとなぁと思いつつ
最初は封書にして出そうかなとか考えつつ
早稲田のdig up projectもそろそろ提出しないと、
でも、今日ライブ音源が手に入るしな、とか
あ、エンタの会場予約せんと、とか
名刺、まだ間に合うかな、とか
考えてるうちに電話。

「テツさんいつぐらいに来れます?」
「うーんと、5時くらい」
「了解」
「なんかいるもんとかある?」
「あー、アンケートつくってこりゃよかったなぁ」
「そうかい、作ってみる」

ってな感じで
アンケートを作る。
ついでにライブスケジュールも少しつけて。
印刷が終わって、洗濯物を干したら
16時半。

メールが入ってもうリハが終わったみたいだったから
めんどくさいしタクシーに乗っていく。
ウェンディーズで会ったchoriは
なんかくまとか出来てて、ポテトが気持ち悪いとか言ってた。

まぁ、でも時間もあることだし
どうにかなるだろう、ってんで、
アンケートの準備が出来たら会場へ持ってく。

まだ、18時にもなってない。
choriの出番は20:30なのでひたすら時間を持て余す。
最初のうちは、なんやかや詩集のことやら
KSWSバッチのことやら話してつぶしてたけど
それでも開演しないくらい。

こんなにもてあますなら、
正直本を読んでいたい気もするのだけど
(勉強できてないし)
choriがあんまり体力がない感じで
ほっとくのもどうかと思ったので
特に何をするというわけでもないが、一緒にいた。

しばらくするとジュンコさんが来て
いつもの通り、目をひく大きなカメラを持って
「気にせんでええよ」と笑顔で言い放ち
choriをぱしゃぱしゃ撮ってた。
気づいたらchoriは変なテンションになってて
ある意味こいつは「見られると興奮する」
露出狂的なところがあるのではないかと思ったが
そういうことは言わず、ジュンコさんと
これは才能だねぇと言っていた。
まぁ、でも才能であることには違いない。

ジュンコさんが客席に去ったあとも
choriのテンションはストップ高で、
体力的に天井は明らかにあるのだが
落ち着かずうろうろしていた。
出番が近づくに連れてひげダンスの熱が入る。

前のバンドが思ったより早く終わって
ちょっとびっくりしたけれども
choriを見るために、僕は客席へ移動。

choriの登場を待つ。

ライブの感想とかは
きっとchoriのMMで書くのでそれはいいとして
全体的に言えば、疲れているがその具合が
より精一杯感を感じさせたり、抜けるところも自然に抜けた。
ところどころ、何かが追いつかない感じになってるところもあったが
それはコンディションの問題とやりなれてないところがあるんだろう。
基本的には詩人のスポークンワーズとして
よく空気を作れたと思う。

スタッフの人たちからの評価も高かったし。

ただ、もうひとつ何かあるといいと思うが
今のこの疲労困憊を地でいくchoriに
それを火急の問題として突きつけるのは無理があるし
また、次のライブもあるし、修正していけばいいと思う。
やつはそういうところは少し言えばよく分かるやつだし
作り手でない僕があまり踏み込んで言うこともないだろう。

カレーうどんを食べて帰る。

choriにはすぐ寝ろよ、と言ったが
ここんとこダーツをしてないので
ちょっとだけ投げたくなった僕は少し寄り道。
でも、入った店ではショップ対抗のリーグ戦をやってて
一般客はいなかった。

やりずらいなぁ、と思ったので
印刷した詩集の原稿に目を通す。
確かにいい言葉が並んでる。
そこにある希望について
語ることのできる数少ない一人だと思う。
もしかすると、優しすぎるかもしれないが。

流れもアルバム的になってて
分かりやすいな、と思うのだが
微妙な違和感があるところもあった。
音楽だったら静かに終わって、
次がカットインで轟音とかもありうるのだけど
詩集では違う気もする。

それと、単体で読んですごく好きだった詩が
何故か鈍い色になって見えるのもある。
言葉は思ってた以上に浸食するものかもしれない。

一編ずつ扉を作るのも面白いかもしれないが
それは対策としては、違う気もする。
でも、きちんときりのいいページで
始まりと終わりをしていくことは必要だろう。

とか、考えたのち
ハウスダーツで5ゲームして
とりあえずLow ton出たし帰るかと帰ってきて
今、この辺でかちゃかちゃしてる。

| 感情の風景 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |
きょうテツで、対抗した。
| BlogPetのらっかせい | 2005/11/21 12:59 PM |









http://mizutetsu.jugem.cc/trackback/158