雲の湧き上がるように。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
真偽と存在
論理は価値判断をしないのかどうか、
という話よりも先に
存在は真偽にかかわるのか、という点から考えたほうがよい気がした。

たとえば、テツという存在は
日本人で無職の男性である。
明日、誕生日を迎える。

そういう存在であるのは確かなのだけれど
「テツ」という存在が実は
アフリカに生まれたとしたら、というように考えることができるのは
なんでだろうか。

そこにある、「テツ」という存在はなんだろうか。
何かを仮定する時、そこに何が共通項になっているのか、
ということを考え出しても、無駄である。
仮定する場合、現実にある「テツ」と
仮定された「テツ(x)」に共通項はあるだろう。
そして、「テツ(y)」との間にもあるだろうが
「テツ(x)」と「テツ(y)」に共通項があることをまったく保証しない。
その場合のテツ性なるものは任意に取り出された
要素でしかないわけだ。

その場合、「テツ」という存在の真偽というのはナンセンスな問いにしかならない。
(いや、という留保もある。が、ちょっと待ってね)

でも、これは仮定の話だから
現実の「テツ」には関係のない話じゃないの?
ってことも言えそうだけれど、そうでもない。
現実の「テツ」というのは果たして
確定したものだろうか。
「テツ」には未来がある。
(よいものかどうか別として、願わくはよいものを)

それはとても現実的なことであるが
果たして未来は仮定としてしか話し得ない。

また、別に現時点での「テツ」を話題にしてもよい。
完全に把握していなければ
その定義は可能な(つまりありえそうな範囲で)要素の
いくつかを取り上げて、命題を作りあげるわけだが
それは仮定された「テツ(z)」でしかないのではないだろうか。
そして、おおよそ完全に把握できるものというのは
特に存在のあり方を把握できるように切り取ったものでしかない。
(それはいったいどのような切り取り方のことだろう。
生物学の猫と、物理学の猫と、実際に僕らが出会う猫はどのように切り取られるのだろう)

結局、存在は真偽によって
確かめられるものというよりも、
その命題を作り上げる前提として仮定されるものだということである。
このことが存在に関する命題を無効にするわけではないが
僕らはそんなに存在に関する命題ばかりを取り扱うわけでもない。
というか、その時の命題は実は存在に関する命題なのではなく
属性と属性に関する命題でしかないということだ。

「ナオミが美しい女で、美しい女は価値がある、以上のことから美樹は価値がある」
とかそんなのは実はナオミについてなんか一言も語っちゃいない。
「美しい女」と「価値」の話しかしていない。
なぜなら「ナオミが美しい女」という命題は
定義ではあるにしても、それが真であることを保証する命題ではないからだ。
そして美樹を知ることは彼女が美しい女だということを知ることではない。

この人がナオミであることを知ることが
ナオミを知ることだ。

さっき、

>「テツ」という存在の真偽というのはナンセンスな問いにしかならない。

なんてことを言った。
留保していたのは定義された「テツ」への問いかけがナンセンスで
あるということであって
現に存在している「テツ」を「テツ」として認識すること
そしてそれを問いかけることは決して無駄ではない。
何故なら、それは僕らを駆動する
もっとも根源的な価値への問いかけだからだ。

現に享受しているものは存在している。
それは真偽以前の問題で、確かに僕らが感覚したなにかだ。
それを名付けていくこと、それはすでに欲望に突き動かされてのことだ。
意識的にか、無意識か、プラスか、マイナスか問わず
名付けようとする行為はすでに価値によって駆動されている。

| 境界の思考(同心円、分節) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://mizutetsu.jugem.cc/trackback/168