雲の湧き上がるように。


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
思いつきの関数のさらに思い付き
モノそのものは
もちろん定数だが
形容詞と時間の関数として
とらえ直すことも可能だろう。
つまり、「私」と「対象」と「時間」の関数。

こうして、モノは
意味と実体とに二分される。

それにしても、モノの中に「対象」が含まれている
というのはモノのもう一方の辺に同じモノがあるわけで
これは解など出てこないということにもなるだろう。

そして、モノがその二分されたモノ
という自覚を持つと「私」になるのだとも言えるだろう。
その時「対象」は「私」であるし、「私」だった項は
「あなた」に変わるだろう。

| 虚構を抱えた現実を抱き締めて | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://mizutetsu.jugem.cc/trackback/59