雲の湧き上がるように。


<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
幸せ売ってませんか。
毎日新聞で
大阪府教育委員会がやったとかいう
小・中学生の生活に関するアンケート調査の結果が報じられていた。

この手の調査は、調査票そのものの信頼性が
どんだけあんのか疑問なんだけど
それはおいといて報じられてる数字を見ると

「私はとても幸せだ」
「はい」小53.3%、中41.5%
(小・中学生とも成績上位層が高いポイント)

ただし、成績上位層でも
「どちらともいえない」「いいえ」小4割以上、中5割以上

まー、報じられてる部分が
なんて恣意的なんでしょうと思わざるをえないですけれど
詳しいソースも出てこなかったのでこのままで。

でも、まぁ、こんだけあれば十分じゃないかと思うわけです、僕は。
「どちらともいえない」にたぶんそこそこ集まってるはずだし。

成績の上位層と下位層では幸福感に差はあっても
>「どちらともいえない」「いいえ」小4割以上、中5割以上
ですから、幸福感にイエスと言ったのは
小6割以下、中5割以下なわけで
統計的に有為にはなりそうですけど、
まぁ、数%の差しかでないわけです。
(なんでこんなまわりくどい記事なんだ)

つーか、「幸せ」ってなんですか?
見つけやすいものですかね。
っていうあたりのところを知らなきゃ
彼らも「幸せ?」って聞かれてもうまく答えらんないと思う。

僕は割と感情の語彙が遅れてた記憶があるけれど
そういうのは誰かが見本を見せてやらないとわかんない。
ね、奥さん。あなたですよ、大人ですよ。

ちなみに
僕は小学生が幸せである必要をまったく感じない。
不幸せであるよりは幸せであったほうがいい。
だけれど、小学生が幸せであるよりも
中学生が幸せであるべきだし、
中学生よりも高校生が、
高校生よりも大学生が、大人が幸せであるべきだ。

充足感というのは
夢みたものと今の自分との距離によって決まる。
そういうことをたぶん、大人は教え忘れる。
というか、自分のことを教えたがらない。
自分がどんな目標を持っているか。
だらだらやってるように見える仕事に
どんな展望を抱いているのか、何も言わなければ子どもは知らない。

大人が展望を持っていても
それを知らされなかった子どもに
そんなもん、幸せがどうのって言われたって
「何それ」って感じで困るだけだ。

| 時事くさい。 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |
太宰治が言ってるじゃないですか。
「子供より親が大事、と思いたい。子供よりも、その親のほうが弱いのだ。」
年取るごとに幸せなんて物に近いものになっていくもん。漠然としたものじゃご飯は食べられないのよ。でも、たくさん食べればお腹いっぱいだってことは子供の内に知っておいたほうが「幸せ」だけど。
| ことり(スモーキング) | 2004/10/15 10:37 AM |
モノに近いものには必ずしもならないですよ。
年取るごとに記憶が増えて
モノには記憶が遺されるから
モノが大事だと言うようには感じられると思いますが。

子どもは空腹と充足を繰り返していく
そのプロセスが大事ではあるでしょう。
だけれど、それは自分が抱えていくことではなくて
抱えるものを増やすことでもなく
幸せを計ることができるなら、自分の身一つなわけです。

僕はもっと幸せになりたいから
僕以外の人の幸せを、モノに宿る幸せを
僕の幸せにしていければよいと思っています。
| テツ | 2004/10/17 11:16 AM |
幸せは人それぞれなのはわかってるし、その価値は人によって違うのも分かってるつもり。例えばお腹いっぱいが幸せな人もいれば何かを集めて幸せな人もいる。「何でそんなので嬉しいの?」と聞かれても「だってこれがあると幸せなんだもの」と答えるしかないような。

>僕はもっと幸せになりたいから
>僕以外の人の幸せを、モノに宿る幸せを
>僕の幸せにしていければよいと思っています。

ものに宿る幸せ。たった一本の煙草を幸せだと思う人(例えばわたし)がいれば、それもあなたの幸せにもなりうる、ということ?
あなたが他人の幸せを自分の幸せに変えていくのなら、その反対にこれを見れば哀しいことを思い出す人に、あなたは自分の幸せを他人に分ける(もちろんそれは減ったりしないし計れるものじゃないけれど)ことができるから、ということ?
| ことり(スモーキング) | 2004/10/17 9:55 PM |
全然関係ない話で申し訳ないんですけど…

>つーか、「幸せ」ってなんですか?
>見つけやすいものですかね。

って井上陽水の「夢の中へ」のもじりなのかなー?、
と妙に気になりました。


問の中身を不明瞭にしたままアンケートをとるのは、
何か意図的なメッセージを伝えたいとき、
マスコミが採る常套手段のような気がします。
| メイ(のぼせ中) | 2004/10/19 12:33 AM |
>ことりさん

ものに宿る幸せというのは、記憶のことです。
あるいはもっと広くそれにたいする意味付けです。
生きれば生きるほど記憶は刻まれますが
それは単に抽象的な空間にさまよいこむというよりも
具体的なものに宿っていくだろうと考えています。
(むろん、抽象的な言葉に刻まれていくこともありえますが)
なんにせよ、あらわれでたものに
記憶が託されていく。

幸せはおすそわけできますが
積極的におすそわけしようがしまいが
感情は勝手に伝播するものと考えています。

>メイさん

「探し物」ですね、その通り。
でも鏡の中へ行ってみようとまでは思ってませんです。
自分を探すんでもないし。

マスコミの常套手段、確かに。
もっと素直に意見表明をすればいいのに、
事実めいた体裁にしようとするから
話が錯綜するんだっての。
| テツ | 2004/10/19 8:16 AM |









http://mizutetsu.jugem.cc/trackback/81